門司港レトロ MOJIKO RETRO 門司港レトロ MOJIKO RETRO

  • イメージ画像
    イメージ画像
  • イメージ画像
    イメージ画像
  • イメージ画像
    イメージ画像
  • イメージ画像
    イメージ画像
  • イメージ画像
    イメージ画像

関門海峡ミュージアム

コンセプトは「関門海峡をまるごと楽しむ体験型博物館」、関門海峡にまつわる歴史、文化、自然などを展示、映像、音楽から飲食まで五感を通して知ることができます。

門司港観光の最初に訪れたい

海峡の魅力を網羅した情報拠点
門司港駅に降り立ち、明るく開けた大連通りを右手に海を眺めながら歩いていくと、ガラス張りの帆船のような姿をした建物が見えてきます。こちらが関門海峡ミュージアム、船は船でも、まるでSFの宇宙船のように空へ飛び出しそうな門司港の未来の象徴です。入館してエレベーターで5階展望デッキまで登ると、関門海峡が一望できます。この本州と九州、日本海と瀬戸内海の出会う地理と自然が、海陸交通の要衝として歴史を刻んできました。そして歴史は、門司港のみならず日本や東アジアの多様で複雑な文化を昔から今まで育み続けています。4階まで吹き抜けの内部を緩やかな螺旋状に下りながら、関門海峡の自然・歴史・文化を最新の技術で楽しみながら学びましょう。

屋内に大正時代の門司港を再現

路面電車にも会える海峡レトロ通り
関門海峡ミュージアム山側のアール・デコ調の建築は『レトロボックス』と呼ばれ、明治から大正・昭和の頃、国際貿易港として栄えた当時の門司港にタイムスリップしたかのような街並みと活気をその箱の中に再現しています。1階・2階部分の『海峡レトロ通り』にはかわいい路面電車が停まり、再現された建築を通り抜けるとバナナの叩き売りの調子が聞こえてきます。天井の青空の色が変化して夕闇、夜空の深い陰影に街が臨場感たっぷりに包まれると、当時の人々の暮らしや気持ちを想像することができるでしょう。お土産コーナーのほか、多目的ホール、音楽設備のレンタル利用も可能なため、イベントや演奏会、撮影会にもおすすめです。

関門海峡は多様性の交差点

これからの社会文化と響きあう施設
この船に集まる誰もが、それぞれのペースで関門海峡の時間を楽しむことができます。有料エリアの展示は多言語(日・英・韓・中)に対応。また言葉だけでなく、映像や音楽など五感でインタラクティブな展示を楽しむことができます。青いスロープネットの遊具空間「海峡こども広場」は1才以上から100円で利用でき、休憩室・授乳室、多目的トイレ・AED、車椅子(貸出しあり)も完備しています。また、普通車(180台)や大型バス(20台)の駐車場やコインロッカーもあるので、関門海峡ミュージアムを拠点にすれば、他施設の観光もスムーズです。

<海峡こども広場の利用について>
利用年齢:1歳~小学6年生(遊具の対象年齢は3歳以上)
時間制限:土日祝・長期休暇のご利用については40分毎の制限を設けさせていただいております。
注意事項:草履や下駄、ミュールなど、かかとにストッパーのない履物、ヒールのある履物、裸足での入場はお断りしておりますので、運動靴またはかかとにストッパーのある履物でご来場ください。未就学のお子様の付き添いとして入る方も同様になりますので、ご了承ください。

関門海峡ミュージアムに
関するお知らせ

View all.

お問い合わせ・アクセス

住所 北九州市門司区西海岸1丁目3番3号(JR門司港駅より徒歩9分)
営業時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
定休日 年4回不定休
【2023年6月13日(火)・9月5日(火)・2024年1月16日(火)・17日(水)・3月5日(火)】
電話 093-331-6700
料金 大人500円、小中学生200円(※30人以上は団体料金20%引)
海峡こども広場100円(1才以上)
*プロムナードデッキ、カフェ、展望デッキ、海峡レトロ通りは入場無料です。
入場料減免 ※高齢者割引(2割減免:400円)は、65歳以上の方で、福岡県内、熊本市、鹿児島市の公的機関が発行した証明書(住所・氏名・生年月日の記載のあるもの)の提示が必要です。
(例:運転免許証、健康保険被保険者証、マイナンバーカード等)
※福岡県内に居住し、療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料です。付添人の方1名(障害の程度が1級から4級までの方に付き添う場合に限る。)も無料になります。
なお、障害者手帳の掲示は、障がい者手帳アプリ「ミライロID」にて代用することができます。